二重整形で綺麗になれる【美容外科のクリニックを受診】

自分の理想を明確にする

顔に触れる女性

2種類の方法と2種類の形

二重整形はプチ整形と呼ばれ、切る範囲も小さく済むことからやってみたいと考える人も多い美容整形の一つです。整形をしなくても二重になれるメイク用品もたくさん発売されていますが、永久的に二重まぶたを自分のものにするには整形するのがよいと思われます。二重整形は、大きく分けて2つの方法があります。1つは埋没法といって、医療用糸を使ってまぶたを留め、ひだを作る方法です。切らずに自然なラインを描くことができるため、出血や腫れが少ないのが特徴です。ただし脂肪が邪魔になって糸だけで留められない場合もあり、その際はまぶたをメスで切る必要が出てきます。まぶたをメスで切る方法は、切開法と呼ばれます。切開法はメスでまぶたを切開し、余分な脂肪を取り除いた後、医療用糸で留める方法です。切開法の中でも部分切開と全切開があり、取り除く脂肪の量などで切る範囲が変動します。切ることで出血や腫れはありますが、アフターケアをしっかり行えば自然な二重まぶたに仕上がっているはずです。二重整形治療を受けるにあたって、「どのような二重にするか」を事前に明確にしておくことが大切です。二重にも2種類の形があります。目頭から末広がりにラインが描かれる末広がり型と、まぶたに平行にラインが入る平行型です。日本人的な形は末広がり型ですが、今は海外のモデルさんなどによく見られる平行型も人気が高まっています。人の顔がそれぞれ異なるように、目の形も人それぞれです。そのため、自分にはどのような二重の形が似合うのかというのも検討し、治療に臨むのが好ましいです。形状の他にも、目とラインとの幅をどのくらいにするか、理想を決めておくのがおすすめです。理想の目などがあれば、参考となる女優さんやモデルさんの写真を保存しておくのもよいでしょう。また、メイクをしているときと落としたときの差もあらかじめ予測しておくと安心です。まれに理想を優先させたことですっぴんの目が不自然になってしまうことがあります。どちらの状態を優先させるか決めておくことで、仕上がりの満足度が変わってきます。

Copyright© 2018 二重整形で綺麗になれる【美容外科のクリニックを受診】 All Rights Reserved.